ようこそ公立相馬総合病院のホームページへ

〒976-0011 福島県相馬市新沼字坪ヶ迫142

TEL 0244-36-5101 / FAX 0244-35-5819

臨 床 研 修 医 を募集しております。

平成24年9月7日付けで、基幹型臨床研修病院に指定されました。
平成26年度から1期生の研修医が活躍しております。
現在は、4期生、5期生が
奮闘していますっ!

はこちらから。(平成31年度採用臨床研修医の募集は終了しました。)

はこちらから。

◆合同説明会 参加スケジュール◆   ※是非ブースにお立寄りください。 
日  時  場  所  説 明 会
平成30年10月28日(日)   仙台国際センター  レジナビフェア 2018 仙台


◆病院見学 募集中(随時)
 
学年に関係なく見学を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先 総務課(臨床研修担当)
   E-mail 
sghjim11@bb.soma.or.jp
   TEL 
0244-36-5101 


◇公立相馬総合病院の取り組み

メディカルノート掲載 公立相馬総合病院「医学教育からの復興」の取り組み


 第1期研修医が本を出版しました!   ↑コチラ
  第1期研修医の福永久典医師が、このたび、東日本大震災発生時の
当院の取組み状況を紹介した「守り抜いた医の灯」を出版しました。
 興味のある方は、ぜひご覧ください。


 ◆当院の臨床研修に対する理念
 医師としての人格をかん養することができる研修を目指し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常の診療において、頻繁に関わる病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身につけることを目標とする。
 研修プログラムの特徴
 当院は、福島県浜通り北部に位置し、相馬地方の中核病院として、昭和45年設立以来、地域住民が求める地域医療を提供してきました。
 したがって、研修についても初期医療から救急医療、住民健診まで幅広く経験可能な地域完結型の病院です。さらに、近隣には、老健施設等もあり、保健、医療、介護、福祉などの知識を理解し、地域の中で医療が担う役割について理解するには最適な環境にあります。

 この研修プログラムは、当院を基幹型臨床研修病院とし、協力型臨床研修病院である「福島県立医科大学附属病院」、「東北大学病院」、「南相馬市立総合病院」、「横浜市立大学附属病院」及び「横浜市立大学附属市民総合医療センター」のほか、13ヶ所の臨床研修協力施設で研修を行うことができるプログラムで、プライマリ・ケアをはじめ、さまざまな基本的診療能力を実践的に習得することができるものとなっています。

 プログラム責任者から一言 
 医学生の皆さんの臨床研修病院のイメージというと、各大学病院や有名な大病院というところではないでしょうか。しかし、臨床研修病院のすべてがそういう大病院ばかりではありません。実はよく探すと当院のような中小の臨床研修病院は日本中にたくさんあります。そして、毎年そこから多くの医師が初期臨床研修を終えて巣立っています。
 そういう小さい病院での研修のメリットは何でしょうか。それは、小さい所帯の中での指導医との顔の見える関係に基づくきめ細かい研修だと思います。大病院の研修では何百人、何十人の指導医と多数の研修医がいると思います。その中で、1か月や2か月のローテーションを繰り返していると、人やシステムに慣れるのが精一杯で、結局2年間で信頼し何でも相談できる指導医に一人も出会えないまま終わる研修医もいっぱいいるのではないでしょうか。当院では、指導医も研修医も同じ医師として、スタッフの一員として、診療科の垣根を超え日々診療にあたる中、研修医一人一人にあった研修を提供できるように努力しております。
 もちろん当院に足りないものもたくさんあります。いわゆる高度先進医療はありません。ドクターヘリもありません。救急車が年に何千台も来るわけでもありません。しかし、初期臨床研修医すべてがそういう大病院で研修するべきかというとそんなことはありません。小さい病院での研修の方が合っている研修医は必ずいるでしょう。大きな病院で研修することに自分はやっていけるのか不安を持つ学生も多いでしょう。そういう学生さんにぜひ見学に来ていただきたいと考えています。
 当院は、福島県浜通り北部の相馬市に位置する地域唯一の総合病院です。地方の多くの公的病院がそうであるように、絶対的に足りないマンパワーや厳しい経営環境など問題が山積しています。しかし、私たちはそんな厳しい状況の中、職員が一丸となり、地域医療の根幹として急性期医療はもちろん、慢性期医療、健診、在宅医療など幅広い領域でこの地の医療を支えています。私たちが初期臨床研修医に求めるのは、医師としての基本的な技能の習得は当然として、地域の医療を支え守っていこうとする医療従事者としての矜持を身につけてもらうことです。

 当院に興味のある方は一度見学に来てください。そして、この地域の医療を担っている私たちや、そこで学んでいる研修医の姿をぜひ見ていただきたいと思います。見学お待ちしています。
                            臨床研修プログラム責任者 副院長 八巻 英郎
 
 研修スケジュール例 
 

研修スケジュールは上記を基本としますが、希望により柔軟に対応します。

認定施設

・日本泌尿器科学会専門医教育施設
・日本循環器学会専門医研修施設
・日本消化器病学会関連施設
・日本消化器内視鏡学会指導施設
・日本周産期新生児医学会専門医研修施設
・日本整形外科学会専門医研修施設
・日本外科学会外科専門医制度関連施設